読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国里親会 内閣府の勧告・研究補助金廃止後のそれから

里親で構成されていない団体が里親会を名乗って里親に迷惑をかけている件

全国里親会問題 新聞報道から内閣府勧告と補助金廃止までのいきさつ

 全国里親会の問題が初めて世間に明らかになったのは、平成28年1月の毎日新聞の報道だった。

mainichi.jp

 この記事を皮切りに、研究補助金の目的外利用等が報道されているので、毎日新聞のサイトで検索されたい。

 今までのいきさつを時系列に簡単に書き示しておく。

平成28年2月   ずさん決算及び監査報告書に監事本人のものではない

         署名があった件で、内閣府が立入検査

平成28年7月   内閣府勧告 

         勧告書リンク:

         https://www.koeki-info.go.jp/other/pdf/280722_kankoku.pdf

平成28年8月末  勧告書への回答期限

平成28年8月末  厚生労働省が全国里親会への研究補助金を廃止

平成28年10月   理事、監事、評議員が辞任。新役員の着任

平成28年11月   「1億円の匿名寄付」があったと全国里親会が発表

         (寄付の時期など詳細は不明)

 勧告書への回答内容は納税者に説明されておらず、新理事・監事・評議員の選出経緯も説明されていない。ずさんな経理を行っていた事務局長と事務職員は職にとどまり、里親に著しい迷惑をかけた反省がみられず、今後も適正な経理が行われる保障はない。