読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国里親会 内閣府の勧告・研究補助金廃止後のそれから

里親で構成されていない団体が里親会を名乗って里親に迷惑をかけている件

全国里親会問題 悪質!厚労省の天下りが里親委託の推進にダメージを与えている件

 世間では、文科省天下り問題が取沙汰されているが、全国里親会の天下り問題もマスコミに取り上げていただきたい。また、内閣府再就職等監視委員会は、歴代の全国里親会事務局長が全員、厚労省OBであることについて調査をするべきである。

 里親の皆さん、厚労省天下り事務局長がずさんな会計の実務に関わり、内閣府から勧告を受けたにもかかわらず、いまだに事務局長の職を辞していない事実をどうお考えか?

 調査研究に使われるべき補助金を自分の給与ととして受け取った事務員が辞めていない事実をどうお考えか?

 厚労省が全国里親会に対して天下りあっせんをしていた疑いがあることをどうお考えか?厚労省の責任は重大である。

 里親によって構成されていない天下り団体が「里親会」を名乗って、里親に迷惑をかけている事実をどうお考えか?

  新理事らは責務を果たしているといえるのか?勧告を受けてからすでに半年が経過したが、是正の進捗について社会に説明義務を十分に果たしていない事実をどうお考えか?

 旧理事のほとんどは、運営の実際を把握していなかったらしい。その責任は重い。しかし、理事の首を取り換えればことが解決するわけではない。「理事の交代で禊を済ませた、あとはひたすら時間が経過するのを待ち、事の鎮静化を図るのみ」と外部から思われても仕方のないような運営をするなら、これ以上里親に迷惑をかけないよう、一刻も早く、解散するべきである。