読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国里親会 内閣府の勧告・研究補助金廃止後のそれから

里親で構成されていない団体が里親会を名乗って里親に迷惑をかけている件

ずさん決算で内閣府勧告を受けた全国里親会に匿名寄付1億円

 今回は、全国里親会のいままでのいきさつを書く予定だった。しかし、勧告後の具体的な改善に関して、納税者に説明を怠っている全国里親会に新たな不透明な出来事が起きたため、それについて書き示す。

 

 全国里親会に匿名で1億円が寄付されている。公益法人として極めて恥ずかしい内閣府勧告を受けた全国里親会に対する高額の寄付に、頭を傾げる者は少なくない。勧告後の具体的な対処を発表せず、納税者に対して誠実さを欠いた団体に寄1億円の寄付をする人は本当にいるだろうか?なぜ、匿名なのか?

 全国里親会がずさん決算をどう修正したのか、全国里親会はいまだに納税者に説明をしていない。ずさん経理に直接関わった全国里親会の事務局長と事務職員が職を離れたという公式発表は全国里親会の出版物や会報等でされていない民間企業では、金銭面で不祥事を起こして新聞で報道までされた人物が職に留まり続ける話を聞かない。事務局長と事務職員の処遇について全国里親会の新理事長は納税者に説明するべきである。

 なにより、公益法人である全国里親会に対して、納税者は寄付1億円の経緯や使い道に対して厳しく監視の目を光らせるべきである。

 

 当ブログに対して批判をする者に告ぐ。批判する前に、寄付1億円について、全国里親会に直接連絡して確認すること。次に、1億円の取り扱いに対して内閣府に連絡をして問い合わせること。