読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国里親会 内閣府の勧告・研究補助金廃止後のそれから

里親で構成されていない団体が里親会を名乗って里親に迷惑をかけている件

全国里親会問題 悪質!厚労省の天下りが里親委託の推進にダメージを与えている件

世間では、文科省の天下り問題が取沙汰されているが、全国里親会の天下り問題もマスコミに取り上げていただきたい。また、内閣府の再就職等監視委員会は、歴代の全国里親会事務局長が全員、厚労省OBであることについて調査をするべきである。 里親の皆さん、…

全国里親会問題 元理事長が顧問に?新理事会と旧体制の不可解な関係

多数のアクセス及び情報提供に感謝申し上げる。 新理事と辞任した理事等との不可解な関係に関する情報を得たので、ここに記す。 9月に辞任した元理事長H氏が全国里親会の顧問を名乗っているとの情報が寄せられた。これが本当ならば、新理事会の承認のもとに…

全国里親会とIFCO大会 善意の寄付約2450万円と参加費約3200万円の行方が説明されていない

全国里親会が主催したIFCO大阪世界大会の大会収入5,700万円が消えた件について、「親が育てられない子どもを家庭に!里親連絡会」様が、11月12日の全国里親大会で問題指摘してから、時間が経った。 しかし、全国里親会はいまだに5,700万円がどうな…

全国里親会 天下り問題と補助金交付まとめと、「ホンモノの里親会は大丈夫か?」な件

前回と前々回は、全国里親会が天下り団体であること、現在に至るまでの補助金交付の決定プロセスが不明であることを書いた。 天下り団体としての全国里親会及び23年度までの補助金事業とその評価・監視システム - 全国里親会 内閣府の勧告・研究補助金廃止後…

全国里親会問題 研究補助金交付の決定プロセスが不明

前回は、天下り団体としての全国里親会と里親促進事業について書いた。今回は、里親促進事業が調査研究事業に変化して、補助金がひねり出された経緯を調べた。しかし、結果的に、全国里親会に研究補助金が支給されることになったいきさつはわからなかった。 …

天下り団体としての全国里親会及び23年度までの補助金事業とその評価・監視システム

厚生労働省と全国里親会の関係 資料にみる天下り団体としての全国里親会 全国里親会は「国等との関係が強い所管公益法人の類型別法人」として厚生労働省にリストアップされており、リスト中では「国(厚労省)から予算上相手先が特定されている補助金等を受…

コメントのお礼及び、全国里親会と厚生労働省の不可解な関係

当ブログへのコメントが増えつつある。コメントの書き込みにお礼申し上げます(コメントは原則、非公開とします)。里親会の全国組織化について書いたブログは読者の関心事であることがアクセス数から分析でき、里親がブログを読んでいることが推測された。 …

アクセスのお礼及び全国をカバーする里親当事者団体がない問題について

ブログを再び開始して、すぐにアクセスがあり、一度閉鎖したにも関わらず、再開始を待ってくださってていた方々がいるとわかった。お礼申し上げる。当ブログは全国里親会を見守ってきたが、新体制になったとは言い難い不透明案件が次々発生し、閉鎖を決め込…

全国里親会が主催したIFCO大阪世界大会の大会収入5,700万円はどこに消えた?

IFCO2013大阪世界大会の収支問題が「親が育てられない子どもを家庭に!里親連絡会」の調査により、明るみになった。 IFCOは、International Foster Care Organization( 国際フォスターケア機構) の略で、子ども中心の社会的養護と家庭養護の促進と援助を目的…

全国里親会問題 新聞報道から内閣府勧告と補助金廃止までのいきさつ

全国里親会の問題が初めて世間に明らかになったのは、平成28年1月の毎日新聞の報道だった。 mainichi.jp この記事を皮切りに、研究補助金の目的外利用等が報道されているので、毎日新聞のサイトで検索されたい。 今までのいきさつを時系列に簡単に書き示し…

ずさん決算で内閣府勧告を受けた全国里親会に匿名寄付1億円

今回は、全国里親会のいままでのいきさつを書く予定だった。しかし、勧告後の具体的な改善に関して、納税者に説明を怠っている全国里親会に新たな不透明な出来事が起きたため、それについて書き示す。 全国里親会に匿名で1億円が寄付されている。公益法人と…

全国里親会問題 国民への誠実さを欠いた全国里親会

全国里親会問題ブログ再開 国民への誠実さを欠いた全国里親会の対応 内閣府から全国里親会が勧告を受けてから3か月以上が経った。理事達が役を辞すつことを受け、当ブログは新生・全国里親会の門出を祝い、一度は閉鎖した。しかし、同じく勧告を受けた他公益…